キャンプでの氷事情って悩ましいですよね…。解決策を模索しつつ、ジモティーにチャレンジしてみたよ!

キャンプしてていつも思うのが、自由に氷を使いたいという欲求です。

元々キャンプしに行ってるのだから、不便も楽しまなきゃですが、夏場や暑い日は熱中症の危険もあるのだ、小まめなクールダウンが重要です。

大抵はコンビニやキャンプ場の売店で氷を購入しておいて、使いきらないように大事に使うのです。

でも、真夏だといくら購入したおいても大概は夜中には使いきってしまいます。

そして、大抵は飲んでるのでコンビニへ購入しにいくこともできずに我慢することに…。

そんな我慢も何度も続くと、快適なキャンプ目指して沢山の氷を購入するようになるのです!

でも、思ったほど気温が上がらないこともあり、沢山の未使用の氷が余ったりして無駄が多いケースもあるのです。

と言うことで、この氷問題への解決方法を考えてみることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

案①:氷の必要量が計画しづらいなら作って持ってく!

毎回コンビニやスーパーや売店で氷を購入していたら、とてもお金がかかります。

ならば、自宅で氷を作って持っていけば、損は少ないぞ!って毎回思うんですよね…(キャンプ場着いてから)。

まさに、後悔先に立たず…ってやつですorz

持っていく氷はペットボトルや飲みきった牛乳パックやジップロックに水を入れて、凍らすなどの方法で簡単に作成可能です。

ただ、冷蔵庫で氷を作る場合、ネックとなる問題のひとつは作成時間(期間)です。

溶けにくい氷を用意するなら尚更で、一晩くらいでは作れません。ということは数日前から準備して冷凍庫を占領しなくてはなりません。

でも、必要量がわかってないので、それなりの量の氷を常に冷凍庫に用意しておかなければならず、常日頃から「邪魔者」的扱いを受け続けなければならないのです。

しかも、記憶力がどんどん衰えてきていますので、持っていくのを忘れることもシバシバ…。

まさに、オイラ役立たず…ってやつですねorz

結果、現地で購入することになり、色々とブツブツと言われることとなり、精神衛生上よろしくないことになるのでしょうね…。

案②:現地で自分で氷を作っちゃえば問題解決!?

「事前に作っておく」「持っていくのを忘れない」「無駄なく使いきる」など、氷を持っていくにはかなりハードルが高く、安定性に欠ける気がします。

では現地で作るしかないかな?と言うことで、方法を考えてみます。

案②:アミティの冷蔵庫で氷を作る

アミティもキャンピングカーですので、小さいながら冷凍庫もついており、氷を保管する程度なら溶かすことなく氷を保管することができてしまいます。

そして、冷蔵庫の冷却レベルを最強にしておけば、製氷皿で氷を作ることも可能なのです。

ってことで、氷を作ってみたりしますが、どうしても時間がかかっしまうのです。

普通に製氷皿で氷作る時間がかかりますから、数時間は考えておかないと…って感じです。

ある程度コンビニやスーパーなどで購入しておいて、足りない分を冷蔵庫で作ることは可能です。

が、使ってしまったら次に氷が完成するのは数時間後(しかも買いに行けない状態だったりしますし…)。

まぁ、最終手段って感じですね。

なので、いざってときのために残しておくのが良いのですが…。

ただ、この氷を最終手段にするメリットもあります。

それは、氷を使いきったら飲むのをやめるきっかけになるので、健康的にはよいのかと!

ただ、十分楽しんだ後なら良いのですが、まだまだ序ノ口でこの状態となったら最悪です。

キャンプの楽しみが半減以下まで下がってしまいますから…。

案③:現地で氷を高速作成する

当日の天候や参加人数などから、その場で多目に購入するのが一番なのかな…って諦めかけておりましたが、たまたま楽天で良いものを見つけちゃいました!

それは、たった数分で氷が作られるという高速製氷機です。

これを使えば、必要なときに必要な分だけその場で氷を高速で作れば良いのですから、すべての問題を解決することができてしまいます!

これまでは1日のキャンプで1000~1500円程度の氷を購入しておりました。

単純計算すると年間6000~1万円程度を氷台に費やしていたのです。

ということは、2年間のキャンプで、約二万円程度氷に費やしてきたのです。

この製氷機を定価で購入できてしまう!って感じなので、少々高い買い物に感じますが長い目で見たら元は取れそうです♪

高速製氷機入手に使ったのは、初めてのジモティーで!

いつもは楽天のポイント祭りにあわせてこういった買い物をするようにしていました。

どうせならポイントが少しでもついた方が良いですからね♪

そして、送料や割引など、ちょっとでも良い条件を探すのも楽しかったり…♪

が、購入する場合の基本的な判断基準となるのは「どれだけお得に欲しいものが手に入るか!」ってことです。

という事で、勢い余ってポチってみる前に目当てのものが、アウトレットやリサイクルショップなどにないかリサーチを行うのです。

どこを探しても、それほど安くはありませんorz

価格コムを見ても、一番安い店で18000円程度でした。

物によってはヤフオクも使うこともありますが、今回は初めてジモティーってサービスを利用してみることにしました!

というのも、この高速製氷機を12000円で譲ってくれる方が、自宅近くにいらっしゃったのです!

場所が遠いと受け渡しが大変だったり送料がかかったりして、かえって高くついたりします。

なので、手渡し可能で12000円はかなり激安と感じたのです。

しかも、昨年購入して利用していたとのことなので、動作も問題ないとのことですし!

ならば、ちょっとチャレンジングですが試してみようということになりました。

初めて問い合わせてみます

ジモティーのアプリをスマホにインストールしてから、ユーザー登録はしてきませんでした。

これと言って良い取引に繋がりそうものがなかなか無かったので…。

でも、楽天でもアマゾンでもヤフオクでも手頃な金額で手に入りそうもないので、ダメもとで見たジモティー!

すると高速製氷機が¥12,000円で掲載されていました。

手放しで喜べる金額ではありませんが、妥当な金額でもあるので問い合わしてみました。

やり取りはライン風ですので、とても扱いやすいです。

特に使い方に困ることはありません。

問い合わせるとすぐに返答がありました。

掲載されている品物について、ぜひお譲りいただきたくご連絡いたしました。

まだ取引は可能でしょうか?

受け渡し方法も手渡し希望です。

本日なら21時以降で受け渡し可能ですよ。

ありがとうございます。

ちなみにもう少しお安くしてもらえたりします?

諭吉さん1人とか?

諭吉さん1人はさみしがるので、野口さんと一緒でどうですか?

うちの諭吉は一人でいることが多いので…。できれば御一人様でお願いします。

では、諭吉さん御一人様で良いですよ。

受け渡しは○○駅改札でお願いできますか?

こちらの最寄り駅まで来てもらいありがとうございます。

では、よろしくお願いいたします。

付属品が写真に写って無いので、追加で写真をお願いするとすぐに写メが届きます。

中も綺麗に見えたので、購入の意思を示します。

今回は手渡しだったので、本名や住所なども知らせることもなく取引が終了しちゃいました。

欲しいと思ったものが最安値の半額程度で、しかもご近所っていうかなりの条件がクリアされるなら、利用価値は高いと思います。

ちなみになぜ高速製氷機を手放すのか?と聞いてみました。

すると『自宅で使う目的で買ったけど、1シーズン使ってみて、冷蔵庫でも十分かな…。って思った。』らしいです。

高速で氷ができるのにひかれたけど、自宅ではだいたいの使用量が見つければ、事前用意の方が良いらしく、高速製氷機のアドバンテージを発揮させるに至らなかったようです。

本当に使えるか?などの使用感については、別途まとめますね♪

ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

良かったらポチッとお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする