高速製氷機を買ったので氷を使ってみたら、調子が悪くなったのでサポートセンターへ

先日ジモティー使って購入した高速製氷機を使ってみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高速製氷機の火入れ式!

使用方法は特に説明書もいらないくらいシンプルです。

まず、電源を繋いで内部に氷の元(水)を入れます。

氷を受け止めるトレイを戻します。

蓋を閉めて、製氷ボタンを押します。

すると静かだがちょっと気になるモーター音が聞こえて動き始めます。

小窓から見てると上段の受け皿に水が入って、金属の突起の回りに氷が作られる仕組みのようです。

受け皿に残った水は、一度下の水タンクに戻される仕組みのため、ドンドンタンクの水が冷やされるようです。

なので、繰り返し氷を作っていくとドンドンと大きな氷になっていく仕組みのようです。

という事で、とりあえずの試運転は上々の出来で、噂通り6~13分程度で小さいながらも氷がドンドンと作られてきました♪

今度、キャンプでデビューさせようかな!ってワクワクしますね🎵

後片付けは簡単

使い終わった後の片付けも簡単です。

タンク下部にある水抜きの線を抜くだけ。

すべての水が綺麗に排出されず、残った水分の拭き取りは必要ですが、扱っているのが水だけですので、これ以上の片付けは不要で楽チンだと思います。

後日使おうと思ったら…

先日の火入れ式では、氷が必要な場面ではなかったので、試し運転って感じで使ってみた感じです。

別の日の休日にソーメン食べようと思った際、折角なので高速製氷機で作った氷を使ってみようと、前回の手順でスイッチオンしてみました。
ん?

前回は少し気になる鈍いモーター音がしたのですが、今回は音が鳴りません。

受け皿は動くのですが、下の水タンクから上の受け皿へ水が上がって来ないのです。

水が上がってこないので、機械上部の給水ランプが点灯します。

給水ランプが点灯すると製氷が止まるようで、以後氷が作られなくなってしまいました(@ ̄□ ̄@;)!!

サポートセンターに連絡してみたよ

前回まで動いていたのに実際使うタイミングでは使えなかった高速製氷機

ジモティーで取引した方にも聞いてみましたが、不安定な動作は特に無かったと…(あっても言わないでしょうけどね(汗))。

全く動かなかったのなら仕方ないですが、初めは動いていたし…。

という事で、ダメ元で販売元のサポートセンターへ連絡をいれてみます。

サポートセンターへの問い合わせは、専用ページから内容を記入する形式となります。

メールで簡単に症状を伝えただけなので、結構ほったらかしにされるのか?

って思ったら、問い合わせた翌日の朝に連絡先として記入した携帯へ電話がかかってきました。

詳しく症状を口頭で伝えると修理の必要性があるとのこと。

ただし、保証書が無いので、有償対応となるとのこと。

まぁ仕方ないですね。

着払いで高速製氷機を佐川急便で送れば、修理して返送するとのこと。その際、代引きで修理代を払うというシステム。

サポートセンターの対応はとても親切でわかりやすかったですし、保証書無くても対応してくれたのは嬉しいですね(*´∀`)

ちなみに気になる有償修理代は約8,000円でした。

本体が諭吉さんだったので、プラス八千円は、ほぼ最安値で新品を購入したのと同じ額になったのは残念ですが、使えるようになったので良しとしましょう!

安く手に入れたいのは勿論です。

が、ソコソコの金額の電気製品は、新品を購入した方が良いのだろうな…って思ったパパさんでした。

ブログランキング

ランキング参加中

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

良かったらポチッとお願いします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク