【2018.06-ホタル鑑賞】夏のキャンピングカーもエアコンあれば寒いくらい快適♪美味いもの食べて、沢山遊んで最高だね♪

梅雨時期ということで、ホタル観賞に来ました。

このキャンプ場は公園内に併設されているのですが、その公園でホタル観賞ができてしまい、お得なキャンプ場です。

緑も多く、様々な虫達と出合うことができます。

もう少し季節が進めば、カブトムシやクワガタも採れたかもね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の夕食はカレーと餃子!朝食のホットサンドも旨かった♪

今回も男だけのキャンプですが、いつも食事はそれなりに満足しております。

やっぱり定番のカレーは最高だね♪

前回に続き、今回も子供達にカレーを作ってもらいます。

前回も作っているし、作り方も簡単なので、今回は何も教えなくても作れてしまいました。

なので、今回は特に盛り上がることもなく淡々と作り終わってしまったので、写真も出来上がりのみでした…。

趣向を変えて、餃子を焼いてみました!

そして、今回はちょっと趣向を変えて、宇都宮の近くということもあり、地の物として宇都宮餃子を購入してみました(普通に売られているお土産用の餃子ですけどね)。

  1. フライパンをよく熱してから油をひきます。
  2. 油が馴染んだら火を止めて、餃子をキレイに並べます。
  3. 再び餃子を並べたフライパンを強火にかけて、表面がこんがりと焼き色がつくのを待ちます。
  4. 餃子の底にこんがりと焼き色が付いたら、餃子が半分くらい浸かる程度の水を入れます。
  5. 蓋をして、中火で水分が蒸発するのを待ちます。
  6. 水分が蒸発したら、強火で一気に焼き上げます。
  7. 盛り付けようのお皿をかぶせて、フライパンを裏返して餃子をお皿に移して完成です。

なんとなくで焼いてみましたが、中々の出来映えの餃子が焼けたのではないでしょうか?

片栗粉とかもなく、油と水だけでうまく羽ができるか心配しましたが、それなりにうまそうに焼けて、ホットしましたよ。

子供達も餃子は大好きなので、あっという間になくなっちゃいましたけどね(^-^;

ちなみに子供はノーマル餃子、大人のおすすめはシソ風味の餃子でした。

朝御飯にホットサンドは最高だね♪

朝食では、友人が自宅でも作っているというホットサンドを用意してくれました。

外はサクサクで、内側はモチモチ。

中のチーズがトロ~リと溶け、インスタ映えするのですが、あまりの美味しさに写真を忘れてしまいました…orz

正直、これは最高ですね♪

ピザソースをぬったら、更にもう一段旨くなるに違いない!

今度は、ピザ風にもチャレンジしてみたいかな♪

ホットケーキミックスとかで焼いたらたい焼きみたいなのとかもできるかな?

なんか、色々とアレンジできそうで良いですね♪

日が暮れたらホタル観賞に出掛けましょう!

公園の歩道を池の方に向かって歩いていくと至るところに看板が置かれていました。

この日は、公園主催のホタル観賞会となっていたので、はじめての方でも迷わずにホタル鑑賞現場まで行くことができるのです。

現場途中の小さな小川近くでは、多くの人がホタルを待っていました。

ここには様々な大きさのカエルがいっぱい居て、子供達は飽きなくて良い感じです。

が、ここはホタルのポイントではない様子。

トンボ池ってところがポイントになるので、もう少しテクテクと歩いていきます。

トンボ池では沢山の見学者がいました。

そして、ホタルも沢山見れたのですが、スマホ禁止なので写真は無しです。

目の前を飛んでいたホタルに手を伸ばしてみると手のひらにホタルがやって来ました。

鮮やかに光っていますが、ホタル自体は冷たく感じます。

いわゆる冷光ってやつで、熱が出ない光を感じることができて良かったです♪

ホタルはきれいでしたが、気になるのは空模様(泣)

少し離れた中禅寺湖辺りで雷警報が出ているとのことで、空がピカピカ光ります。

ゴロゴロと雷鳴も近づきつつあるので、ホタル鑑賞はあまりできずに撤収することになりました。

サイトに戻ったら、各々好きに過ごします。

懸念していた雨は降らず、ラッキーでしたね♪

子供達はゲームしたり、どうでも良い話をしたりして、楽しそうに過ごします。

大人は、焚き火しながらサッカーワールドカップの話しで盛り上がります。

この時点では、日本代表もベルギーに負ける前でした。

なので、アーダ ゴーダ云いながら、それでもフランスが強いだの、ヨーロッパでの開催だから南米は優勝ないだとか、話のネタはつきません。

夜も更けてくるとサッカー中継が始まったので、アミティの中でサッカー観戦となりました。

フランス対アルゼンチンの試合で、点の取り合いがとても面白い内容で大満足でした。

梅雨明けした夏場のキャンピングカーで四人の男(大人×2+子供×2人)が過ごしても、寒いくらいに車内を冷やしてくれるエアコンは最高ですね♪

夏場の電源サイトは譲れなくなりましたね。

チェックアウト後は、定番のお風呂に入ってお別れです

このキャンプ場のチェックアウトは朝10時です。

昨晩のようにサッカーとかを夜更けまで見ていた場合、起床時間が遅くなりがちです。

すると朝御飯を食べて、撤収作業とか考えると時間が正直足りません。

あと1時間余裕があると嬉しいのですが…。でも、その1時間のためにレイトチェックアウトするのももったいないし…。

もどかしいですね…。

でも、なんとか10時のチェックアウトに無事間に合い(実際は10分くらい遅れましたが…)、お風呂屋さんに向かいました。

隠れ家的なお風呂屋さんはゆっくりできておすすめです

今回行ったお風呂屋さんは、鬼怒川方面にある『鬼怒川温泉 自然浴 離れの湯 あけび』です。

ここは、貸し切り風呂のようで、それぞれ一部屋(小屋)毎に建物が別れています。

中に入ると10畳程度の小部屋となっていました。

冷蔵庫やエアコンも完備しており、部屋もキンキンに冷やすことができ、風呂上がりも快適に過ごすことができます。

ここのお風呂は上下に2つ湯船があり、木陰の向こうには鬼怒川が見えました。

ラフティングする人がボートに乗って、川を進むのもよく見えました。

ってことは、向こうからも見えるのかな?

って、ちょっとドキドキ・ワクワクしながら、おっぴろげておきました♪

お値段は少し高めですが、とても落ち着けるのでおすすめです。

お風呂のあとは、帰宅です。

子供達は、「お腹減ったから一緒にごはん食べたい」とか、お別れを引き伸ばそうとしてきます。

が、友人の仕事の都合もあり、この日はここでお別れです。

といっても、宇都宮までは並走しましたけどね。

宇都宮で別れる際は、車の窓を開け、お互い『バイバイ』を叫んでおりました!

完全に声が聞こえなくなると頑張って涙を堪えてる息子ちゃんが助手席にいましたが、道の駅で食事したらコロッと元気になってましたね♪

次はどこに行こうかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク