なんか、エコ祭りな感じのタイトルにひかれます♪『太陽光エネルギーを水素へ高効率に変換』

諸々感じたこと

またまた気になる記事です。

太陽光エネルギーを水素へ高効率に変換

まだまだ高くて普及するには、様々な壁がありそうな水素自動車。

水素を燃料としている以上、これを車にいれなければならず、スタンドの整備なども障壁のの一つとなっています。

ですが、太陽光を用いることで、水素が産み出せるのなら、解決策の一つになるかもですね!

しかも、ソーラーパネルを乗せているキャンピングカーも多いと思うので、これ等が水素自動車の先駆者(車)となれば、面白いのに…。

太陽光エネルギーを水素で溜める利点は以下の通りだそうです。
①気体であるため軽く、大量に貯めることができる
②長期間保存しても電池のようにエネルギーが減ることがない
③使用時に排出されるのは水だけのクリーンなエネルギー

①については、キャンピングカー自体の重さが少しでも軽減すれば、燃費向上だけでなく、乗り心地アップにも繋がるかもです!!

キャンピングカーでも大活躍しそうな技術じゃないっすか♪

って思いましたが、ベース車が水素自動車でなければいけないので、なかなか先駆者(車)になることは、難しそうです。

でも、②③にも書かれている通り、燃料を自ら産み出しながら走ることができれば、究極のエコになりそうです。

とは言え、晴れている昼間だけしか水素を産み出せないでしょうから、やはりスタンドの整備は必要そうです…。

スポンサーリンク:能登半島地震の義援金
 ふるさと納税で寄付金を自治体に送ることができます。
 少しでも復旧・復興の役に立てばと思い、リンクします。

 地震により行き場を失ったお米を復興米という名で返礼品とし、代金の一部を米農家さんへの義援金として寄付する予定らしいです。
 実際にどう使われるかは本サイトでは責任持てませんが、返礼品をもらいつつ、米農家さんへの支援もできるようですので、ご検討いただければと。
スポンサーリンク:能登半島地震の義援金
 ふるさと納税で寄付金を自治体に送ることができます。
 少しでも復旧・復興の役に立てばと思い、リンクします。

 地震により行き場を失ったお米を復興米という名で返礼品とし、代金の一部を米農家さんへの義援金として寄付する予定らしいです。
 実際にどう使われるかは本サイトでは責任持てませんが、返礼品をもらいつつ、米農家さんへの支援もできるようですので、ご検討いただければと。
諸々感じたこと電源
スポンサーリンク
シェアする
パルタをフォローする
スポンサーリンク
様々に感じたことの備忘録

コメント

  1. 万乏 より:

    私が以前発言した内容ですね。水素は究極のクリーンエネルギーだと思います。核融合などの大規模な装置も必要無く、個人も参加できる良い方法です。問題点は圧縮保存法と燃料電池の触媒(白金を使うらしいので割高)などです。近い将来、良い方法が見つかるでしょう。

    • パルタ より:

      万乏さん、こんにちは。

      過去を見ても、バッテリーの性能ってあまり向上していないと感じます。

      万乏さんが過去に発言されたように新しい方法で、悪影響の無い方法でエネルギーを蓄えられれば良いですよね。

      とは言え、まだ製品化されていません。
      もう少し待つ必要が有りそうですね…。