キャンピングカーとトイレを買い、組み立ててみました!!

キャンピングカーあれこれ

なかなかキャンピングカーの製作が始まらず、悶々とした毎日を過ごしているわけです。

なので、勢い余って自分で作ることに…。

スポンサーリンク

LEGO CITY のキャンピングカー

と言っても、作ったのはレゴブロックです( v^-゜)♪

朝、息子とレゴで遊んでいたのですが、そろそろ新しいのも増やしてあげたいなぁ…って。

んで、お出掛け先にレゴのお店があったので、前から欲しかったこれを買っちゃいました♪

あくまでも、息子のためです、
私が欲しかったわけではありません。

簡易トイレ

LOGOS の 「LLL トイレスタンド・便座付」

購入した商品はこちらです。

総重量:約1kg
組立サイズ:32.5×29×40(cm)
収納サイズ:35×48×5(cm)
セット内容:スタンド、便座、ストッパー、専用バッグ

男性ではちょっと小さいかも知れませんが、使用するには十分です。
快適性を求める物ではないと思いますしね…。
image

重さも1kgと軽く、折り畳めて専用バッグに入れて持ち運びできるのも良いですね♪
image

女性でも、楽々背負えます♪

我が家にちょうど良い♪

本当は、こちらの簡易トイレが目的で、お出掛けをしておりました。

なんてったって、嫁さんがとても欲しがってた物なのです…。

近所のアウトレットにLOGOSのお店があるのですが、お正月に見かけて、良いなぁ…って思ってたみたい。

アウトレットっていっても、定価販売でしたけどね。

この前の消火剤といい、トイレといい、緊急事態を想定した小物が増えていきます(;゜∀゜)

元々キャンピングカーにはトイレ用のスペースは不要だけど簡易トイレは必要と考えていた我が家にとって、これはちょうど良いものになってくれるはずなのです(過去ブログ「我が家のキャンカーに必要なトイレ設備について」もみてね)。

東日本大震災から生まれたシリーズ

因みにLOGOSの震災グッズシリーズは、東日本大震災て被災したLOGOSの仙台市店長が実際に必要だったものを考え、監修したシリーズらしいです。

なので、必要時に役に立つのは間違いないとお店の人も太鼓判を押してくれました。
image

しかしながら、いくら前から欲しかったとはいえ、簡易トイレを買って嬉しそうに小躍りしている嫁さんは、店員の目にどの様に写ったのでしょうね…。

スポンサーリンク:能登半島地震の義援金
 ふるさと納税で寄付金を自治体に送ることができます。
 少しでも復旧・復興の役に立てばと思い、リンクします。

 地震により行き場を失ったお米を復興米という名で返礼品とし、代金の一部を米農家さんへの義援金として寄付する予定らしいです。
 実際にどう使われるかは本サイトでは責任持てませんが、返礼品をもらいつつ、米農家さんへの支援もできるようですので、ご検討いただければと。
スポンサーリンク:能登半島地震の義援金
 ふるさと納税で寄付金を自治体に送ることができます。
 少しでも復旧・復興の役に立てばと思い、リンクします。

 地震により行き場を失ったお米を復興米という名で返礼品とし、代金の一部を米農家さんへの義援金として寄付する予定らしいです。
 実際にどう使われるかは本サイトでは責任持てませんが、返礼品をもらいつつ、米農家さんへの支援もできるようですので、ご検討いただければと。
キャンピングカーあれこれ内装快適化
スポンサーリンク
シェアする
パルタをフォローする
スポンサーリンク
様々に感じたことの備忘録

コメント