DIYした車中泊用ベッド(三代目:イレクターと合板)

キャンピングカーあれこれ

キャンピングカーを強く欲しいと思い始めておりますが、これまでは、車中泊を楽しんできた経緯があります。

振り返ってみると色々と工夫をしてきたので、振り返っておこうかと思います。

きっとキャンピングカーに乗り換えたとしても、こういったDIY的なアイデアなどは今後に活かされると思いますので…。

様々な場面で役立って欲しい車中泊のアイデア!!はこちら

スポンサーリンク

≪三代目≫車中泊用ベッド

2代目ベッドで2~3日車中泊をし、スノコが再起不能となったので、本格的に天板の強度アップ作成開始です。

骨組みは既にあるので、今回は天板のみ。

ホームセンターをぶらついていると良いサイズの合板を見つけました。

サイズをメモってその日は家に帰り、再度設計です。と言ってもやっぱりエクセルなんですが…。車のサイズは二代目の時に採寸済み。二代目の骨組みに合わせて、効率の良い切り方の検討です。

そして次の日、車をフルフラットの状態にし、骨組みを組み立てた状態でホームセンターへ!

合板を2枚購入し、何か所か切断してもらいそのままホームセンターの駐車場でベッド作成(と言っても置くだけですが…)。

ドキドキです!!イヤ、ワクワクです♪
そして、ぴったりです!!

ヨコになってみるとまるでフローリングで寝ているのと変わらないフラット感!最高です!!(板の上なので当たり前ですが…)

歴代最高のフラット感だが…

車中泊に出かけても、抜群の安定感とフラット感は歴代最高であることは間違いないと、今でも思っています。

ただし、この完璧なベッドにも難点がいくつかありました…。

1つ目の難点は、重さ

パイプは鉄製。合板も2枚使用しているので合わせると相当な重量になるのです。

したがって、出発前の準備で体力をだいぶ消耗してしまうのです…。

2つ目の難点は、硬さ

フローリングのようなフラット感と書きましたが、まさにフローリングで寝ているような感覚。

布団をマットレスに変えてもダメ。マットレスと布団を重ねると満足度はアップしますが、荷物が多くなりすぎる…。

また、マットの高さが居住空間の圧迫につながってしまうのです…。

大きく方向転換することを決断

この三代目ベッドを、約1年ほど使用しました。
しかしながら『重さ』と言う第一の難点があまりにも辛く、方向転換することにしました。

これまでは『フラット感』『強度』を追及してきました。結果として『重さ』と言う副作用を生み出してしまっい、出発前の準備で心がドンドン折れてしまうのです。

折角のお出かけなのですから、出発から楽しく行きたい♪と思い、これまで求めていた『フラット感』はソコソコでよい。『強度』より『寝心地』を追及することにしました。

四代目に続く…

初代ベッドはこちら

二代目ベッドはこちら

三代目ベッドはこちら

四代目ベッドはこちら

五代目ベッドはこちら

コメント