【快適化・設置】キャンピングカーにウィンドウエアコンを設置しました。(設置~熱風)

内装
スポンサーリンク

夏はすぐそこ♪

いゃ~、暑いっすね!!

梅雨のジメジメも嫌ですが、高温多湿はもっと嫌です!!

このまま、グダグダしていると本当に夏になってしまいます(@ ̄□ ̄@;)!!

ということで、先日開けてもらったバゲッジドアにエアコンを設置することにしました(【快適化・準備】エアコン設置のためのバゲッジドア参照)。

image

ここにウィンドウエアコン付属の取り付け金具とかを使用せず、直接バゲッジドアにウィンドウエアコンを押し付ける形で設置します。

なので、押し付けた状態が動かないように固定する必要があります。

んで、実際にウィンドウエアコンを押し付けてみるとウィンドウエアコンを設置すると斜めの板まで約7センチ程の隙間が発生します。

image

この隙間の上部の壁の中に補強の板が埋め込まれているそうです。

止めるためのネジ穴迄、奥行きは約6.5センチ程あります。

image

横幅は34センチなので、この大きさの板材があれば最高です。

ということで、近くのスーパービバホームで端材を探します。

ちょうど良いのはありません。
(そりゃそうですよね(汗))

なので、固定する事を最優先とした対応を考えます。

今回は、棚板の戻し作業は考えておりません。

そこに手をつけると凝りすぎて時間が足りなくなりそうだったので…。

なので、今回は確実に固定することを目標としました(どちらにせよ壁紙部分は板材で覆うつもりなので、練習です!!)

そして再度見映えを含めやり直す際、固定&化粧化を実施致します。

なので、この夏はエアコンを使うことを最優先としました(このままのペースだと夏が終っちゃいそうですので…)。

目指すは安さと強度の両立

今回はお試しって感じでもあるので、そんなにお金はかけたくありません。

でも、強度が無いのは意味がありません。

なので、安さと強度の両立が目標となります。

そこで、買ったのは端材二枚とネジ二種類(合計175円(税込))です。

んで、設置後の写真がこれです。
(端材とネジなので特に元の状態は写真に撮りませんでした)
image

寄るとこんな感じです。

image

AtoZの工場長より、壁中の補強板材の位置を聞いていました。

そして設置方法も口頭ですがアドバイスを貰っておりました。

あわせて、オフ会などでお世話になっている先輩方のアドバイスや様々なサイトでのアイデアを見た結果の対応です。

この上部の固定と下部分の固定で大丈夫って確信しました。

妄想を含めるとかなりの期間を構想期間としていたと思います。

なので、もっと綺麗に完成させるべきなのでしょうけど、早く設置したいと言う思いの方が強かった結果です。

ということで、長い間妄想してきたエアコン設置結果として、試運転を行います♪

エアコンスイッチON♪

しっかりと固定されましたので、エアコンに電源を入れてみます。

これまで、何度か二段ベッドのバゲッジドアに仮設置して、サーキュレーターで冷気を拡散する方法でキャビンがヒエヒエになるのは経験済み。

なので、今回の設置でヒエヒエのキャビンになるでしょう♪

ということで、電源ON♪

するとエアコン全面から勢いよく冷気が出てきます♪

ヤッタァ~

ということで、蒸し暑い中、エアコン設置完了♪と思い冷気を火照った顔に当てて涼んでみます♪

ん?

熱風が逆流?

エアコン全面から涼しい風が勢いよく冷気が出てきていますが、何となく暖かい空気も感じます…。

エアコンの前面(冷気が出る場所以外)・左側面・上面と触ってみるととても熱くなってます。

特に顕著なのが左側面と上側です。

エアコン本体が熱いというより、熱風が車内に逆流してきている感じです。

特に左側面は酷かったです…(。>д<) この熱風の流れを遮らねば!! と言うことで、今度はケーヨーデイツーに向かいます。 熱風対応に続く…(。>д<)

コメント