【2022-夏休み02】草津良いとこ一度はおいで!ってことで何度目かの草津温泉で当日飛び込みキャンプにチャレンジしてみました!

おでかけぇ~♪

スポンサーリンク

昨日までの夏休み

【2022-夏休み01】今年は暑いので軽井沢でセレブ気分!安定のツルヤで旨いもの仕入れて、真夏の車中泊でも涼しいっす♪
2022夏休み開始久々の制限なき夏休み。お出かけしてもお店も開いてるし、やっぱり良いですよね!ということで家族の予定を合わせてお出かけすることにしました。相変わらず出発するまで予定を立てない我が家ですが、今回はちょ...

夏休み二日目

昨日は軽井沢!ここからどこに行こうかな?と思案した結果、避暑地の軽井沢より標高の高く、涼しいであろう草津温泉に行くことにしました。

というのもこの草津温泉の天狗山スキー場にある駐車場はトイレもあり、歩いて西の河原まで行けるとっても立地の良い車中泊スペースを昔利用したことがあるからです。

が、調べてみるとこの駐車場は夜間利用ができなくなっているようです。

その代わり別の駐車場がキャンプ専用として用意され、一泊1000円で利用できるとのこと。

なかなか普通の週末でもキャンプ場を予約するのが難しいご時世ですが、当日連絡でも空きがあるとのことで、草津のキャンプ場を試してみることにしました。

食材や薪などの準備は軽井沢で済ませました

軽井沢で今晩のキャンプめしの材料を調達し、草津に向かいます。

ちなみにこのツルヤっていうスーパーは品川や練馬ナンバーの外車ばかり…。おそらく軽井沢の別荘で過ごされる『おセレブ』の方達なのでしょうね。

我々と違い、クロックス履いてる人なんていませんでしたから…。

といいつつ、盆と正月か同時に来たような混雑ぶりには辟易です(写真は朝の10時前っす)。ツルヤさんは嫌いじゃないのですけど、もう少し小さい小振りなスーパーがあれば良いんですけどね。って思う次第です。

草津到着!キャンプ場の受付を済ませます

キャンプ場の受付を済ませますが、その横で各種アクティビティの受付もやっておりました。

そこで、昔取った杵柄ってことで、息子ちゃんにトランポリン一級の腕前を見せてもらうことにしました。

本人曰く、競技用のトランポリンじゃないから、全然跳ねない!って言い訳マックス!

まぁ、確かに全然高さが出てないのは確かなようなので、本人の言い訳も正しいのだと思います。

さすがに高さが出ないので一級の技は無理でしたが三級までなら何とかできたようで、チョットほっとしていた様子でした。

キャンプ設営

トランポリンで昔を懐かしんだあと、キャンプ場の受付で利用説明を聞いてお金を払って駐車場に向かいます。

キャンプ場は第5駐車場になり、かなり広いスペースがキャンプ場となっていました。

野営場所もよりどりみどりな感じで恐ろしくユッタリと利用できますね。

我々は便利な方が良いので、トイレや水場に近いエリアを選んで野営スペースを確保しました。

お風呂

一通りの野営の準備が終わったので、大滝乃湯で草津の湯を堪能します。

キャンプ場から歩いて西の河原露天(金曜日は混浴らしい)風呂までも行けますが、体も洗いたいので本日はこちらにしました。

簡易キャンプ

気持ちよくお風呂を堪能したあとは野営地で夕飯です。

軽井沢のツルヤスーパーで買ったお肉やら野菜やらを焼き、おぎのやの釜でご飯を炊いて夕飯としました。

空き釜を利用したご飯の炊き方 | 荻野屋

夕飯の後は恒例の火遊びです。

どうやったらこんなに凄いことになるんでしょうね?

きっと何かの妖術でも使ってるのでしょう(恐ろしや、恐ろしや…)

キャンプ場としての設備も備忘っておきます

トイレ🚻

トイレはシャワートイレでとてもきれいなのてすが、男女合わせて便器が一つだけしかなく、とてもあの広大なエリアを埋め尽くすような利用者がいた場合は、明らかにキャパオーバーとなること間違いなしです。

スキー場のトイレとしても全然足りないのでは?と思ってしまいます。

アクティビティの受付近くのトイレも利用できるとのことですが、駐車場の奥の方だとあまりにも遠すぎるので不便すぎると思います。

水道施設

水場と呼ぶにはちょっと無理がありますね。このキャンプ場にある水場はトイレ外のこの蛇口のみ。

排水口もないので、駐車場のアスファルトに垂れ流しの状態となります。

こちらはもう少し整備をお願いしたいと思った次第です。

ゴミ箱・ごみ処理

ゴミ箱はしっかりとした作りとなっていましたね。カン・ビン・ペットボトル、燃えるゴミと分別は必要ですが、全て受け入れてくれます。

キャンプ場代にごみ処理分も付いてるので、こちらはいい感じですね。

そういえば、受付で小動物やクマが出るからって言ってたので、ゴミ関係はしっかりとしているのかもしれません。

もちろん炭捨て場もありますよ

このキャンプ場は直火はNGですが、焚き火やバーベキューはオッケーなので、炭の始末もキチンと受け付けてくれるのはGoodです!

今後に望むもの

トイレの数と水場やゴミ捨て場などの数をもっと増やしてくれたらきっとあの広さのキャンプ場でも十分に利用価値があると思います(少なくとも真夏でも涼しいのは最高です)。

そうでなければ場所取り争いが激化しそうな雰囲気を感じずにはいられませんでした。

天狗山スキー場のキャンプ場は真夏でも涼しいので、虫も少ないですし、値段(1,000円)もとてもリーズナブルなので最高ですが、設備を増やしてほしいなぁってのが本音です。そうしたら1,000円では厳しいのかもしれませんね…。

コメント